ケンジースプーン発明の動機。
TOPページへ。
                             『第四の食器具』の味は?

                      合間に卓球で全道優勝、栃木国体にも出場。

              
脇道     入院に「日本百科大事典」持ち込み。

              同じく        バス運転手時代こんな事

                         その後の売り込みはさんざんでした。


  この記事は1981(昭和56年3月6日 金曜日) 朝日新聞に掲載されたものです

  
    
道産子ばんざい 『第四の食器具』の味は? (箸、スプーン、フォークに次ぐ「第四の食器具ケンジー」を世界に広めてやろう)

 


















 こういう人がいないと、世の中、面白くない。
 箸、スプーン、フォークに次ぐ「第四の食器具」を考案、世界に広めてやろうなんて事、並
みの発想ではない。 
 北緯45度の町、枝幸の営林署で、造林作業員を輸送するマイクロバスの運転手さん。
 保温式ランチジヤーの昼食を、備え付けの先割れスプーンで食べていた。
 ご飯をすくうには、都合がいい。が、おしんこで難儀した。 刺さらず、すくえず。
      そのとき、ひらめいたものがある。
 「いっそのことスプーンを真っ二つに割っちゃったら」。
 夕方、帰るや早速金ノコで分断、それをピンセットの先にハンダ付けに。
 いろいろと試食した。はしでつかみにくいイカ刺し。
 すくうのに苦労するカレーライスの福神漬け。とりにくい、こげついたジンギスカンの肉。
 どれも簡単につかみ、すくえる。ラーメンもOK。米粒も簡単につまめる。

        イチゴのヘタ取りもワンタッチでOK。

 ピタリ合わせると、スプーンとしての効果ももちろんだ。

 妻子を旭川に置いて、寮暮らし、六畳一間に、万力、金ノコ、ヤスリ、ハンダの道具を所狭しと置いて改良と失敗を重ね、一時は町の商店からピンセットとスプーンが払底する事態を引き起こしたりして、昨年夏、東京発明研究会で発表。堂々のトップ賞に自信を深め、意匠登録を申請したり洋食器メーカーに製品化を依頼する手紙を発送したり、ネーミングは「自分の名前をとってケンジーにしよう」等など、忙しい毎日。
一本拝借して、宿の夕食を一緒に食べた。持ち慣れると、すこぶる便利である。しかし、刺身、酢の物、味噌汁の和食には、どうもしっくり来ない。箸で食べるのと違って、「ものの味」が全然違うのだ。 「まさに、その通りです」と加藤さん。
 食の文化と食器具の発達に深いかかわりがあるのを承知の上で、「けがや病気ではしが持てないようなとき、はしを使い慣れない外国人、それに小学校の給食などに・・・・。 先割れスプーンによる「イヌ喰い」よりはいいと思うんですがネー」。

旭川の定時制高校を出て営林署に入ったが、内勤をきらって外の仕事へ。この世界では珍事だそうだ。

中学生ころ、卓球部に入部を希望したところ、背が低いというだけの理由で拒否され、その”うらみ”を支えに社会に出てから猛練習。


















一昨年、全道大会壮年の部「40歳以上」で優勝。昨年の栃木国体では道の代表として出場。

「発明は誰にでもだきる。しかし、実用化、売り込み、世に広げるのがむずかしいっていうのが、発明の常識なんですよ」と。 「ケンジー」実用化の色良い返事は、メーカーからは、まだない。

        (今回は「つくる」人たちのシリーズです)

入院に「日本百科大事典」持ち込み。

追突事故に合い旭川森山病院入院。ど〜せ暇なんだろうと持ち込んだのが小学館発行日本百科大事典全13巻。
女性看護師さん。「いろんな人がくるけど百科事典を持ち込んだのは加藤さんしかいない。


枝幸営林署のバス運転手時代こんな事がありました。

1、事務所で数名の職員が集まってワイワイ。聞くとクロスワードパズルの数字が分からないそう。私もそのほうには興味があるのでドレドレ。

職員の一人。みんなが分からないのに運転手のお前になんか分かる筈がない。私 あんたらに分からないと言っても人というのは、それぞれだ。と、首を突っ込む。

解けていない問題。
  1、江戸の町の数 □□□ みんな「そんなもの分かる筈がない」

  2、病の数□□□ 心臓病だべ? 胃潰瘍だべ? 肺炎だべ? とやってる。

  3、絶対温度□□□ 絶対温度??なんだこれ?

私、お前ら馬鹿か? いいか? 江戸の町は通称八百八町と言われているの知らないのか? 808だ。 

病の数もそうだ。いちいち数えるのか?纏めて4百4病(シヒャクシビョウ)と言われているんだ。404だ。


絶対温度とはな〜 絶対零度とも言われ、高温は千度も万度、億の単位もある。しかし、低温だけはこの宇宙においてもナイナス273.15度以下はないのだ。

この温度になるとあらゆる動きが止まる。ブラウン運動も停止。電気の抵抗もなくなる。それが絶対零度とも絶対温度とも言う。
少数は切り捨てて273だ入れてみろ。

職員一同。ア、合ってる。私、当たり前だ。お前らが何人もが集まっていても分からないものでもオレには分かる。馬鹿にしてはいけない。どうだ分かったか。


2、暫くして男子トイレでの出来事。

  
用務員明石「こら加藤、お前、生意気だってそうだが、一回ヤキを入れてやろうか?」
  
「なに? ヤキ? 明石さん、オレヤキなんてもの入れられたことないんだわ。 一回入れてみてよ。」
  明石「・・・・・・」 私「ね〜明石さん。そのヤキとやらを一回入れてみてよ」 明石「・・・・・・」 

  「ね〜明石さん。そのヤキとやらを一回入れてみてよ」 明石「いや〜一回文句いってやろかと思ったんだ」 「へ〜ヤキって文句言うことなの?。へ〜」

 そこで
大きな屁一発「ブ〜〜〜」 や〜や気持ち良かった〜〜。  ヾ(▽⌒*)キャハハハ o(__)ノ彡_☆バンバン!!


その後の売り込みはさんざんでした。

毎日まいにち売り込みに精を出しました。一日約4通。全部自筆で「商品化」の依頼文です。そ〜ですね〜。300通も出しましたでしょうか?ある時などは、私が会員である「社団法人発明学会」の「アイデア買います」に応募しました。
新潟県の食器具メーカー。ヤマ○ー のブランド。Y産業。
勿論、試作品をつけて...の正式な応募です。

それがなんと、締切日を待たずにアッと言う間に返送、返却されて来ました。(トンボガエリ)
コメント?...な〜んにもなし。
「アイデア買います」? 募集能書きの割りにはまっこと失礼千万でないかい?
あまりにも奇抜な考案?だったんでビックリしたんでないかい...。
       (ハツメイトナレバ コレグライデナイト ダメダッ チュウノ)(ンダンダ)

それにしても一言返送の理由を付け加えるぐらいは礼儀だろ〜って〜の。
             (ワシモソ〜オモウ) (-_-#)ピクピク

不採用だったランチジャーのメーカーの場合、こんな理由で断られましたよ。

                      (マ〜ヨンデミナッテ)

             もう意地になりましたね。

「そんなに(新製品を作るのが)恐いのないのなら、俺が(資金を出して)作ってやるっ!」
他人(ヒト)がやらないからこそ楽しい。コレです。


TOPページへ。  先頭に戻ります。  前ページへ 続き   物語り目次