静内の花見 
   異常なこの寒さを記録に残して置きたいと思った。
5月10日の我が家の玄関前です、明後日は町内一斉、春の清掃日だというのにまだ雪が消えません、もちろん除雪車の置いていった雪だけど、ここに住んで20数年こんなことは初めてです。庭の「エゾムラサキツツジ」もまったくほころびていません、例年は4月下旬か連休中が満開です。 
 農家の方はさぞ大変だろうと心を痛めています。
   静内20間道路の花見に行ってきました。 
5月11日、帯広泊まりでこの写真は5月12日(日)です。
静内20間道路桜祭り最後の日だというのにこの有様です。
 花見のお客さんは厚いコートを着て、屋台の前だけが人、人、人の花盛りです。
 旭川の開花宣言は5月18日で記録に残る観測史上最も遅い開花だそうです。嵐山もキタコブシがようやく咲き始めました。桜は20日現在で3分咲き程度でしょうか。
    花見と温泉の旅だったので襟裳岬へ立ち寄って強風を体験してきました、この展望台の地下に岬の風を体験できる施設があって入場料が300円でした。
 しかしお金を出さなくても十分に強い風を体感し、皆さん帽子が飛ばされないように必死でした、自分が右手を後に回しているのは帽子を手に持っているからです。







               戻る