四国八十八箇所霊場遍路の旅日記     その1(1日目)
                2002年11月9日〜12          旭川市  加藤 登
 11月8日(金曜日)
 旅は便利で早くなった、11月8日(金)午後3時55分旭川空港をでて、伊丹〜神戸(三宮)〜徳島と乗り継いで午後10時には今日の宿、眉山会館へチェックインした。
四国八十八箇所遍路旅は以前から胸中に秘めながら、椎間板ヘルニアの手術以後ほとんどあきらめていた、ところが昨年の讃岐のお墓参り以後に希望がふくらみ夏頃からインターネットで資料を集めて準備を始めた、しかし最後まで足、腰に不安を感じながらのスタートだった。 
☆11月19日(土曜日)
 8時過ぎニッポンレンタカー徳島営業所。車は出発前にインターネットで予約しておいた、3日間で30,500円、カーナビ、遍路地図などが付いた遍路専用の料金だった。
 営業所ではデミオ(マツダ)が待っていた、手続きをすませ、カーナビの入力を練習して早速出かける。
 8:30。カーナビは目的地に向かって最短距離を行こうとしている。自分はあらかじめ国道55号へでて吉野川大橋を渡るとすぐ高速(徳島自動車道)に入って藍住ICから行くと決めていたので、この先左折です、無視するとコースを外れています、リルートします、300メートル先左折です、この相棒は何かといちいちうるさい。 
  ★1番札所、霊山寺に着いた、駐車場は人影もなく静かだ。なんだこれと拍子抜けしながら入っていく。お土産やさんのような売店で身支度を整える、移動は車なので編み笠と杖はやめた。(杖は同行二人であったほうがいいのだが)値段も結構高い。境内に入ると人が多くてびっくりした、緊張しながらなんとかお参りを済ませて納経所へまわりとこちらが正面駐車場で大型バスやマイクロバスが何台も駐車している。納経所も混雑している、白衣に朱印をもらってドライヤーで乾燥している、私も朱印第一号をもらって駐車場へ戻った。

 そうか自分は高速を使って反対方向から来たので裏の駐車場だったのだ。普通は鳴門方面からはいる、納得して極楽寺へ向かった。 
★2番札所、極楽寺。県道をいまきた方向へ逆戻り、カーナビに行き先を教えなかった。朱塗りの門をくぐって境内に入ると人影が少ない、弘法大師お手植えの「長命杉」が印象に残った、樹齢1100年以上と言われている。
 
★3番札所、金泉寺へ向かう小高い丘の上で朱色の仁王門が目立つ、大師堂の奥に井戸があった、自分の姿が鮮明に映るとと長寿と伝えられている、そっとのぞいてみた、なにか仕掛けがあるかのように自分の姿がくっきりと映った。
 ここで団体遍路のからくりがわかった、静かな境内で数人の遍路さんしかいないのに納経所には大きなスポーツバックを持った青年が二人、何十冊もの納経帳を積み上げている「おいおいそれくらいは自分でやれよ」と思いながら待たされた。境内に人影がなくても納経所は混み合っている、話に聞いていたので納得した。 
   
★4番札所、大日寺。
 途中の高速(徳島自動車道)下の道ばたで鈴なりの柿の木を見つけて写真に収めた、北海道人はこんな風景に心惹かれる。駐車場に車を止めて仁王門に向かって急な階段を上る、森に囲まれた荘厳さを感じさせるいい雰囲気のお寺で、ここで出会ったご夫婦の歩き遍路さんもいい感じのご夫婦だった。
 ★5番札所、地蔵寺。
 再び高速の下をくぐってまっすぐ降りてくると地蔵寺の横へでた、境内に樹齢800年の大銀杏がある。4,5歳の女の子が母親と祖父に連れられてお参りしている、極楽寺から一緒だったこの子が澄んだきれいな声で般若心経を暗唱している、その姿と声に聞き惚れてしまった。自分はふりがなを目で追いながら、声を出すのも恥ずかしくぶつぶつと読み上げて先を急いだ。 11:00 
 
   ★6番札所、安楽寺(左の写真)。★7番十楽寺も急いだ、吉野川右岸の平地、収穫の終わった田んぼに囲まれて1kmくらいに並んで建つ。
 このあたりは戦国時代(1573〜1592)長宗我部軍の兵火にかかり焼き払われ、後に再建された歴史をもつ寺で(資料による)山門は比較的新しい、なぜか二つのお寺とも白と朱の中国風で美しい山門を持っていた。
 ★8番札所、熊谷寺(くまたに)
 県道へ出ないで農道をいくと近道らしく歩き遍路さんを何組も追い越して進んだ。
 せまい道を抜けると広い駐車場へ出た、大型観光バスが数台駐車して、添乗員さんが弁当を配っていた、境内がものすごく混み合っていたが納経所に人影はなく、多宝塔が美しく印象に残った。
 
   
★9番札所、法輪寺。  12:10
 弘法大師作の仏像は5年に一度の開帳、わらじが奉納されている。松葉杖でお参りした人がこの参道で足が軽くなり歩けるようになったと伝えられる、納経所でイグサのわらじ「厄除けお守り」を買った。寺の前で草餅2個を買った、旅の案内で紹介された草餅でおいしい。切幡寺へ行く前の腹ごしらえ、ここでも歩き遍路さんをたくさん追い越した。
 
 ★10番、切幡寺。
 せまくて急な斜面を上がったところで、仁王門をくぐって境内に駐車場があった。ここから333段、旅立ち前に一番心配だった難所だ、なんとか自分のペースでお参りが出来て嬉しかった。ここで二人組のおばさんに出会った、納札箱を除いてかき回している、聞くと金、銀の納札を探しているとのこと、金が100回目の巡礼者が収めたものらしい。未だ見当たらないという、自分も覗いてみたが緑(7回)、赤(24回)などは沢山あったが。
 
★11番札所、藤井寺。 
 巨大なわらじの山門、ここでも「お足お守り」を買った。門前で果物などを並べてお店を出しているおばさんも腰が痛い、膝が痛いといって丸いすに腰掛けてしばらく話し込んだ。門前で暮らしていても信心とと御利益だけでは腰の痛みがとれない、「同病相哀れむ」で話が弾んだ。
 駐車場のおじさんと相談して12番焼山寺へ行くのは止めた、八十八箇所中最大の難所は明日の早朝にして今日は13番から17番へ向かうことになった。おじさんはこれから行けば17番まで終わるだろうと学童寺バイパスをすすめてくれた。13:50
   ★13番札所 大日寺。
 国道192号を徳島方面へ向かう、最近開通した学童寺バイパスを抜けるとき悲惨な交通事故に出会って緊張した。トンネルをぬけて鮎食川(あくいがわ)を渡ると下流方面へ左折してすすむ。
 大日寺は国道に面していて駐車場がない、駆け足でお参りを済ませ、また急ぐ。
 写真、正面左手が大日寺。
★14番札所、常楽寺へ向かう道が狭い、カーナビを便りに近づいたが駐車場が見当たらない、土手の上に留めて丘に登ると境内は独特の雰囲気で登山道路を歩いているよう、庭は褶曲を受けた地層がむき出しでごつごつ。今も浸食をうけて変化しているらしい。 
 
★15番札所、国分寺。
 国分寺への道も古い町並みで狭い。
 山門前を通り越してしまったがUターンも出来ず、ようやく引き返してきた。境内はすごい歴史を感じる、勿論全国66箇所の国分寺の1つ、なんと表現していいのか異質なニオイがした。このあたりも長宗我部軍の激戦地で、焼失を免れた古いお堂が今に残る、風化してしまいそうだ。なんとなく足が止まってゆっくりお参りした。
 
 ★16番札所 観音寺。
 ここは歩き遍路用の狭い小路にはいりこんで苦労した、十字路はハンドルを2回くらい切り返さないと曲がることができない、せまい道にはだいぶんなれてきたが、常楽寺あたりから狭い道路に神経をつかった。この寺も住宅地の真ん中で町並みに溶け込んでいる。かっては国分寺当たりとともに阿波の国の中枢をなしたいたが今は田舎町らしい住宅街だ。さてここまで来ればもう大丈夫。 
   ★最後の17番札所井戸寺は観音寺の車の進入で苦労したので少し離れた駐車場から歩いた。
 境内はお遍路さんで賑わっている。大型バスが何台か、団体さんは宿坊へ泊まるらしい、般若心経も大きな声を出して読み上げた、途中駆け足で廻ったことを反省し、お詫びしながら、ゆっくり心静かにお参りして一日が無事終わったことに感謝して、写真を撮って帰途に就いた。夕闇迫る徳島市内はひどく渋滞していた。

                        その2へ続く        ホームへ戻る