日刊医療福祉新聞(I.M.N) 

発行人:国本正雄  
編集人:黒川憲一  
Update:1996/09/17 


病原性大腸菌「O157」特集


★「日刊医療福祉新聞」記事総覧(平成8年7月度)

   ◎日付順インデックス(1996年)
     7月12日(金) 
     7月19日(金) 
     7月22日(月) 
     7月25日(木) 
     7月26日(金) 
     7月29日(月) 
     7月30日(火) 

     8月度記事総覧
     9月度記事総覧


***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月12日(金) 版
**********************************************

  ■新製品・キャンペーン情報

   ▽デュポン(株):病原性大腸菌O-157検出システム発売へ
     デュポン(株)は米国クゥオリコン社の病原性大腸菌O-157スクリ
    ーニング・システムを10月にも発売開始する。食品に含まれるO-157
    を約24時間で検出するBAXTMスクリーニング・システムで、米国
    では今年5月から販売が始まっている。また、同システムは10月2
    〜3日、札幌市で開かれる日本食物微生物学会で展示の予定。

   《特徴》
     ・食物中の細菌探知に初めて遺伝子増幅法、ポリメラーゼ
      連鎖法(PCR法)を活用
     ・数種類のPCR試薬を錠剤状にすることでPCRをより
      使いやすいものにした
     ・現在利用可能な検査システムでは最も高い精度
   《価格》
     8万円(48回分の試薬と専用カプセル)


次の記事に行く    TOPに戻る



***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月19日(金) 版
**********************************************

  ■シリーズ【医療・医学系(福祉を含む)のホームページ】
       (新着情報などより)

   第116回

   ▽大阪府立公衆衛生研究所
     = http://www.iph.pref.osaka.jp/index.html

     研究所案内(各部門紹介)、健康トピック、研究報告情報などで
    構成。健康トピックではセアカゴケグモ、最近追加された「病原性
    大腸菌O157」を紹介、O157関連では詳細な情報提供が行わ
    れ始めた。研究報告情報もウイルス、エイズ、医薬品の品質管理、
    公衆衛生など各テーマごとの論文情報で、関係者にとっては利用価
    値が高そうだ。


前の記事に戻る    次の記事に行く    TOPに戻る



***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月22日(月) 版
**********************************************

  ■【週間報告】(13日〜19日)

   ▽大阪府堺市でO157集団感染が発生:13日
     同市ではその後患者が5000人を超し、異例の集団感染となる。
     このほか横浜、秋田など全国各地で発生、原因究明が急がれている。
     ※こうした事態を受けて厚生省、文部省が予防措置などについて
      通知:18日


前の記事に戻る     次の記事に行く    TOPに戻る



***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月25日(木) 版
**********************************************

  ■情報:大阪市立大学がHPで連日のO-157HUS治療記録を公開!
 
     大阪市立大学付属病院のO-157HUS治療チームは単科での対
    応は困難として関係部局と治療チームを結成、O-157溶血性尿毒
    症症候群治療記録として、その活動経過をインターネット上で公開
    を始めた。連日の活動報告のほか、Vero毒素産生大腸菌の文献的検
    討やHUS治療の検討、HUS治療法の選択など、大変貴重な情報
    が提供される。URLは
     http://dph5.med.okayama-u.ac.jp/oku_home01.html


前の記事に戻る       次の記事に行く    TOPに戻る



***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月26日(金) 版
**********************************************

  □Medical Internet Resources in JAPANがO157情報を集約

     日本大学がサーバー管理する「Medical Internet Resources in
    JAPAN」は25日から病原性大腸菌O157に関する情報を集約し、
    提供する体制を取り始めた。東京都衛生研究所による情報から国内
    大学医学部、付属病院、民間レベルの情報、さらにWHOほか、海
    外の関連サイト、情報をほぼ網羅した形になっている。提供URL
    は http://cortex.med.nihon-u.ac.jp/o-157.html


前の記事に戻る    次の記事に行く    TOPに戻る



***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月29日(月) 版
**********************************************

  ■【週間報告】(20日〜26日)

   ▽京都市がO157の感染で56歳の会社員が死亡と発表:22日
    同感染では今年に入り4人が死亡しているが、成人男性は初めて。
   ※23日には堺市の小5女児が死亡


前の記事に戻る    次の記事に行く    TOPに戻る



***************日刊医療福祉新聞***************
1996年 7月30日(火) 版
**********************************************

  □健康新聞社がO157に関する総合リンク集を開設

    健康新聞社(東京都小金井市、中村斉氏)はこのほど、病原性大
    腸菌O157に関する総合リンク集を開設した。 未解明のことが多く、
    緊急性が要求されるO157についてインターネットをフルに活用して、
    関連サイト、ホームページを集積したもので、「相互の情報交換」
    もアピールしている。リンク集は医療関係者へ緊急対策と参考疫学、
    基礎知識(総合情報)、2次感染予防方法、予防対策、感染の現状、
    治療法、治療記録・症例、検査法、Q&A、関連のリンク集、関連
    のその他情報―にそれぞれ分類、インターネットWWW上で得られ
    る国内の情報がほぼ網羅される形になっている。同リンク集URL
    は     http://www.ktx.or.jp/~kenkou/o157/o157.html、また同
    社では情報その他も求めている。メール先はkenkou@ktx.or.jp。
     なお、同問題では大学医療情報ネットワーク
    (http://130.69.92.40/)、 MedicalInternet Risources in Japan、
    厚生省HPなどでも情報提供が始まっており、日々情報量が増えて
    いる(本紙一部既報)。


前の記事に戻る     TOPに戻る





[病原性大腸菌「O157」特集]インデックス

[日刊医療福祉新聞(I.M.N.)]ホームページ