久種湖畔コース


             民宿海憧から歩いて10分程度にある久種湖周辺を楽しむコースです。
             GW〜五月中旬までは水芭蕉を楽しむことができます。
             丘を登っていくと、北の見晴台があり景色も楽しめます。
             ただ、真夏になると虫が多いので虫除けスプレーが必須です。

久種湖畔コースのルート】

水芭蕉群生地〜北の見晴らし台〜久種湖畔キャンプ場ゴール(一時間コース)
       〜浜中ゴール(二時間コース)
※キャンプ場からスタートしてもOK



【コース説明】

  水芭蕉群生地は宿から徒歩15分程度。
  群生地の遊歩道を歩きます。
   

          

  周りには水芭蕉や大きな植物がたくさん生えてます。
  途中野鳥観察台もあり、バードウオッチングもできます。


  森の丘に登っていきます。
  北の見晴らし台までは利尻富士が見えたり、久種湖を一面見渡せます。
  景色は抜群。

      
 階段を登っていきます。     船泊の集落も見えます。

 
利尻富士
    


    北の見晴台(トイレ有)に着きます。
    ここから久種湖キャンプ場(トイレ有)へ行く道と、浜中まで行く道に分かれます。
    キャンプ場へ向かった方が宿に戻りやすいです。時間があれば浜中へ。
    キャンプ場から宿までは徒歩15分程度。


浜中へ行く道


                  【補足】
  ★宿で時間を余していたら、散歩がてら久種湖に行ってみてください。
  静かな場所で、鳥の鳴き声を楽しむことができます。

  ★水芭蕉のシーズンが終わってしまうと、久種湖に来る人は少ないですが
  程よい散歩コースなのでおすすめです。
  5月下旬頃はクロユリの群生を見られることもあります。

                              

トップへ
トップへ
戻る
戻る