NISHIWAKI

■日本のへそ・北海道のへそ 友好都市「西脇市」■



富良野市は北海道のへそ。では、日本のへそのまちといえば、
東経135度、北緯35度が交差する西脇市。東経135度はご存じの
とおり日本標準時を決める「子午線」。一方、北緯35度は日本を
南北に二等分する線である。その交点にある西脇市は、まさに日本
の中心、いわゆる「へそ」なのだ。西脇市と富良野市は「へそ」が
とりもつ縁で昭和53年10月20日、友好都市の親善協定を結んでい
る。
 西脇市は兵庫県の内陸部に位置し、緑と清流に囲まれた文化工芸
都市。古くから繊維産業が盛んで、特に名がい歴史と伝統を誇る先
染め織物播州織は、豊かな色彩と肌触りの素晴しさで、国内ばかり
ではなく世界各国に輸出され、高い評価を受けている。また、西脇
子午線マラソン、日本のへそ織物祭りなど、“日本のへそ”をいか
したイベントも多い。平成5年には、経緯度の持つ意義を内外にア
ピールするための経緯度地球科学館がオープンしている。